コンテンツに移動
YouTube の取り組み

YouTube では、コンテンツの著作権侵害をどのように防いでいますか?

ユーザーやクリエイターのニーズに応えるため、YouTube では何億円もの投資を行って Copyright Management Suite を開発しました。権利所有者やクリエイターと協力しながら、各自が YouTube で運用するコンテンツを責任を持って管理するための機能を提供しています。

著作権侵害を防ぐ

YouTube の Copyright Management Suite は Content ID の一致に基づいて動作し、著作権侵害の可能性があるコンテンツを検出するために利用されるトップクラスの技術が採用されています。このツールには、YouTube を訪れる 20 億人のユーザー全員が利用できる DMCA ウェブフォーム、100 万人を超えるクリエイターを対象に提供されているコピーライト マッチ ツール、レコード会社や映画制作会社、著作権管理団体などの大規模な著作権管理ニーズを満たすソリューションである Content ID で構成されています。

Content ID とコピーライト マッチ ツールを利用すると、YouTube に参照ファイルを提出するだけで、自分の作品を含む可能性のある動画が他のユーザーによってアップロードされた場合に、自動的に通知を受け取ることができます。さらに Content ID では、こうした動画が検出されたときの処理をあらかじめ選択しておくことができます。著作権所有者は Content ID のさまざまなオプションを使うことにより、著作権侵害対策のソリューションとしてだけではなく、収益化ツールとしても活用できます。YouTube はこれまで、Content ID によって他の動画内で使われている自分のコンテンツを収益化した権利所有者に対して、30 億ドル以上を支払っています。Content ID 技術については、各国の行政機関や著作権所有者からの協力やフィードバックを得ながら、継続的にその有効性を改善しています。