コンテンツに移動
YouTube の取り組み

YouTube はどのように収益を得ていますか?

YouTube の主な収入源は広告です。また YouTube は、YouTube Premium のような月額制サブスクリプション事業からも収益を上げています。さらに YouTube は、対象クリエイターの皆様に他にもさまざまな方法で利益を上げていただけるように、この数年間で数種類のツールを開発およびリリースしてきました。このようなツールとして、Super Chatチャンネル メンバーシップグッズ紹介などが挙げられます。ほとんどの場合、クリエイターと YouTube はこれらのチャネルから得られる収益を分配します。

収益の分配

YouTube は、広告と定期購入から得た収益をどのようにクリエイターに分配していますか?

YouTube の主な収入源は広告です。企業は広告を配信することで、関連性の高い視聴者を見つけてビジネスとブランドを拡大できます。

YouTube パートナー プログラム(YPP)に参加しているクリエイターは、広告収入の分配を受けることが可能になります。

また YouTube は、YouTube Premium などの月額制サブスクリプション事業からも収益を上げています。YouTube Premium のメンバーは、これまでどおりクリエイターを支援しながら、YouTube の動画を広告なしで視聴できます。現在、YouTube Premium の料金から得られる収益は、YouTube Premium メンバーによるコンテンツの視聴時間に基づいてクリエイターの皆様に分配されています。

YouTube は、質の高いコンテンツにのみ広告が表示されるようにしながら、どのようにしてクリエイターの収益化に貢献しているのですか?

YouTube では過去数年にわたり、オリジナル コンテンツを作成している信頼できるクリエイターのみが報酬を得られるよう、広告による収益化の要件を厳格化してきました。

ただし、クリエイターが YouTube で収益を受け取る方法は広告だけではありません。YouTube では常に、クリエイターがストーリーを共有し、ファンとの関係を深め、さらなる収益を受け取れるようお手伝いしています。YouTube パートナー プログラムに参加している対象クリエイターの皆様に利益を上げていただけるように、YouTube はこの数年間で数種類のツールを開発および提供してきました。このようなツールとして、Super Chatチャンネル メンバーシップなどが挙げられます。広告と同様に、クリエイターと YouTube はこのようなサービスから得られる収益を共有します。

YouTube は、総視聴時間を増やして収益を得るために物議を醸すコンテンツを宣伝しているのではありませんか?

YouTube が最も重視するのは、エンゲージメントではなく責任です。これは、すべての活動に当てはまります。一般的に広告主は、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインで定義されているような YouTube の物議を醸すコンテンツやデリケートなコンテンツに関連付けられることを希望しません。このようなコンテンツは、コミュニティ ガイドラインに従って適切と判断され YouTube に残る場合もありますが、広告主にとって必ずしもふさわしいとは限りません。ユーザーとブランドのどちらの観点からもマイナスとなる要素は、その他のあらゆる考慮事項よりも大きく優先されます。