コンテンツに移動
ユーザー設定

広告設定

広告設定

YouTube では、ユーザーのアクティビティを基に関連性が高く、有用な広告を表示することを目指していますが、一方でユーザー自身が広告を常に管理できるようにもしています。表示する広告をパーソナライズする際に YouTube が参照できるデータは、広告設定で簡単に管理できます。対象となるデータは、Google アカウントに追加した情報、アクティビティから推測されるユーザーの興味や関心、Google と提携して広告を配信する他の広告主との接点に関する情報などです。

たとえば、YouTube で最近のサッカーの試合のハイライトを視聴した場合や、Google で「近くのサッカー場」を検索した場合、Google はそのユーザーがサッカーファンだと判断することがあります。また、Google のサービスを利用する広告主のサイトにアクセスしたことがある場合は、そのサイトでのアクティビティを基に広告が表示される場合があります。

広告のカスタマイズを有効にしているときは、年齢、性別、た興味や関心、広告主との過去の接点などの情報がどのように使用されているか調べたり、情報ごとに使用許可を無効にできるほか、広告のカスタマイズ自体を無効にすることも可能です。カスタマイズを無効にしても広告は表示されますが、ユーザーとの関連性は低くなります。